傭兵

<本名>

ナワーブ・サべダー

<タイプ>

メイン】救援型
サブ】牽制型

<ランク>

SS

外在特質

ダッシュ

最初から肘当てを4つ携帯している。

長期訓練

板・窓を乗り越える速度が10%上昇する。

頑強

ロケットチェアに拘束された時、耐久時間が30%増加する。

また、攻撃を受けた際のダメージが15秒遅れて有効になる。
健康状態で2連続攻撃を受けた場合は、30秒後にダウンする。
負傷状態で2連続攻撃を受けた場合は、即座にダウンする。

戦争後遺症

暗号機の解読速度が25%低下する。

また、ハンターから攻撃を受けるたびに治療に必要な時間が20%増加する。治療時間は、最大で100%まで増加する。

<長所>

・肘当てを使用すれば、強引にハンターから距離を離せる。

・ダメージを受けてもそのダメージが反映されるのに時間がかかるため、かなり救助狩りされにくい。

・肘当てが強いため、ほとんどチェイスになることがなく、弱ポジであっても解読を行いやすい。

・仮に即死しても、ロケットチェアの耐久時間が長いため、引き分けにしやすい。

・引き留める状態の攻撃も一度耐えることができるため、通電後ゲートに逃げて来たサバイバーの肉壁になることができる。

<短所>

・自身の治療速度がとても遅いため、立て直しに時間がかかる。

・解読が遅い。

<テクニック>

・肘当ては、救助に向かう際だけでなく救助後その場から離れる際にも使用することで、余計な負傷を回避しやすくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です